日本建築学会大会(北海道)にて口頭発表(2013/08/31)

北海道大学にて8月30日〜9月1日まで開催された2013年度日本建築学会大会にて、口頭発表を行いました。学術論文というより、むしろこれまでの活動から得られた知見をもとにした提案型の論文という位置づけです。
徳田光弘,嶋田洋平:リノベーションスクールを起点としたリノベーションまちづくり構想,日本建築学会学術講演梗概集(建築社会システム),pp.137-138,2013年8月

(徳田光弘)

オープンキャンパス(2013/8/9-10)

9日と10日の2日間でオープンキャンパスが開催されました。

わたしたち建築計画研究室も、建築学コースの4つの研究室と合同でボイラボにて折り紙建築をつくるWSを行ないました。

多くの方の来場があり、盛況でした。

 

(古賀 祐子)

研究室で海に行ってきました!(2013/07/19)

五段ピラミッド

毎年恒例になりつつある研究室の海開き。今年は下関の吉母海水浴場に行ってきました。記念に五段ピラミッド。何事もやるのであれば思いっきり楽しむ。研究室のモットーです。

(徳田光弘)

2年生建築設計製図課題最終発表(2013/07/16)

7月16日に2年生の建築設計課題である住宅設計の最終発表がありました。
2年生にとっては初めての建築設計であり、各自真剣に取り組んだ成果の発表です。
今回新たな試みとして、学生間でのワークショップを主軸に置き、周辺環境を含んだサーヴェイから建築計画・設計、そしてプレゼンテーションシートの作成まで、 互いの着想や案の良い点や改良すべき点を真剣に考え、お互いに刺激を請け合いながら議論しました。
二年生の今後の活躍にも期待大です。

(井手大悟)

      

1年生研究室訪問(2013/07/08)

7月8日から1年生の研究室訪問が始まりました。

Details »

宇土高校PTAが研究室訪問(2013/07/05)

utohighschool

熊本県立宇土高等学校PTAの方々が大学に訪問され、建築計画研究室の諸活動について、製図講義棟(ボイラボ)にて、ゼミ長の西原数顕君が紹介しました。

(徳田光弘)

溝上酒造現地視察調査を実施(2013/07/03)

mizokami

北九州の日本酒「天心」で有名な溝上酒造さん(北九州市八幡)の木造の旧酒蔵群を視察調査してきました。 Details »

NHKでリノベスクールの活動を紹介(2013/06/24)

nhk

NHK総合・北九州ローカル番組「ニュースブリッジ北九州」のコーナー「トークブリッジ」に出演し、アナウンサーの方々との対話形式(カンパケ)で10分程度リノベーションスクールの活動の紹介をしてきました。

2013年6月24日(月)18:20〜の上記番組内で放映予定だそうです。
※ただし、大きな事件事故や政局報道等の際は変更の場合あり。

(徳田光弘)

「下関まちづくり提言〜民間自走型まちづくり新戦略へのヴィジョン〜」について講演(2013/06/22)

下関まちづくり提言講演会

明専会(九州工業大学のOB会)下関支部総会にて、「下関まちづくり提言〜民間自走型まちづくり新戦略へのヴィジョン〜」と題して講演をさせて頂きました。

Details »

卒業生が研究室を訪問(2013/06/22)

みきてぃ

僕らの研究室の2012年度卒業生、田畑美樹さんこと「ミキティ」が研究室に遊びにきてくれました。初任給で買ってくれたというお土産とともに名刺交換です。新社会人として慣れない環境で大変でしょうがこれからもステキな笑顔を忘れずに頑張ってくださいね。
(徳田光弘)

九工大製図講義棟が『ディテール』に掲載(2013/06/17)

detail

私と研究室で企画・監修を務め、古森弘一建築設計事務所に設計して頂いた九州工業大学製図室(九州工業大学製図講義棟)が建築雑誌『ディテール(vol.197,pp.022-024,2013-July)』に掲載されました。

当建築物は、本学に新しくできた建築学コースの学生を主な利用者として、建築設計系の各種講義・演習の実施、及びスタジオ等として利用するもので、未利用であった旧ボイラー棟を改修して製図室として再生したものです。

2013年3月に竣工し、4月より本格的に製図室利用がはじまっていますが、利用者の一人として、建築空間のあり方によって、ここまで教員・学生の取り組む姿勢が変わるのかと大変満足しており、改めて空間の力を感じています。

(徳田光弘)

第5回リノベスクール@北九州受講生募集が始まりました!

renovationschoollogo

第5回リノベーションスクール@北九州の受講生応募がはじまりました。

まちに散在する遊休ストックを活用する時代に大きくシフトしていく社会において、私たちに問われる資質は、知識は、そして実践で通用する技術は何か?

2011年8月からはじまり、建築・不動産・まちづくり業界のみならず、新たな都市政策、都市再生手法として大きなムーブメントを引き起こしはじめたリノベスクール。今回でいよいよ第5回目の開催をむかえました。

北九州にある実際の遊休物件を対象に、四日間で受講生と講師陣が一丸となって実務レベルのリノベーション事業計画を不動産オーナーへ提案します。さらに、スクール後にはその提案をもとに、ブラッシュアップを重ねて実際の事業化に向けて動き出します。だから開催者側も、講師陣も真剣です。そして必死です。

さらに今回からは、セルフリノベビルダー向けの特別コースも並列開講します。期間内に実際の物件を講師陣とともにリノベーションしてしまう。学びながら実際に手を動かして体を動かして生のリノベーション現場を体験し、技術を獲得していくものです。

もしかしたらここに貴方の未来の働き方があるかもしれない。ストック活用社会へ、私たちと大きな一歩を踏み出しませんか?

皆さまのご参加を講師陣一同お待ちしております。

詳しい情報、受講生応募フォームは以下より。

http://renovationschool.net/kitakyu/info

(徳田光弘)

Rocota Cafeがオープンしました!(2013/06/09)

rocotacafe

第3回リノベーションスクールの対象案件で、お掃除リノベやプレオープニングイベントでお手伝いしたRocotaCafe(北九州市小倉北区京町4-3-10)がこのたびオープンしたとのことです。
物件オーナーの息子さんが一念発起し、試行錯誤しながら、一部セルフリノベーションしながら生まれたカフェです。
(徳田光弘)

日経アーキテクチュア創刊1000号にリノベスクール掲載(2013/05/25)

cover_l

記念すべき日経アーキテクチュア創刊1000号に、光栄にも北九州の中心市街地において産官学連携で取り組んでいる「リノベーションスクール」の一連の取り組みが8ページにわたって紹介されました。 Details »

福岡リノベーション物件見学(2013/05/24)

YoshiuraBld

地元でありながら近いようで遠かった福岡のリノベーション物件を行脚してきました。
Details »